コンテンツは洗車機

大注目!お役立ち工事用品情報サイトの決定版!

工具箱に入れておくことにより何かと便利な工具&小物としましては、「カッターナイフ」「ビニールテープ」「スケール(巻尺)」「マジックペン」などがあります。

 

また自分が気づいた小物を入れておけば自分の使いやすい工具箱が完成します。
現在販売されている工具箱ですが色々な種類のものがあります。管理人の考えとしましてはやや大きめのプラスチック製の物がお勧めです。

 

あまりにも大きすぎたり金属製のものは車に積めなかったりしてしまいます。また積めたとしても積む時に傷をつけたりしてしまうからです。
なので工具箱は小さめのタイプでプラスチック製を選ぶようにしましょう。
もちろん工事の現場で働く人やメンテナンスを仕事としている人に関しましてはその限りではありません。


 

車のバッテリーメンテナンスの中でも電解液の管理は基本中の基本と言ってもいいでしょう。
現在主流になりつつあるメンテナンスフリーにつきましては必要ありませんが、電解液の液面が下がった状態で使用を続けてしまうと、やがて極板が露出してしまいます。

 

こんな状態になってしまい使用し続けてしまうと絶対的に化学反応を起こせる部位が少なくなってしまいます。
そして容量の小さいバッテリーを使用しているような状況になり充放電がかなり激しくなってしまうことでしょう。
最終的に劣化が劣化を呼んでしまいます。
更に使用を続けるとサルフェーションと呼ばれる電極板白化現象が発生します。

 

サルフェーションが発生してしまった極板化学反応を起こすことが出来なくなりそれからいくら充電をしても元に戻らなくなりますので交換をしなければいけなくなります。

 
ハワイアンジュエリーはここへ
ハワイアンジュエリードットコム
http://www.aquabelle.co.jp/




コンテンツは洗車機ブログ:07月06日
9時早く、始発の電車に乗った。
定期健診の為である。

いつもなら夫の車で、付添ってもらうのだが、
わしが「思い切って一人で行ってみる」と言い張って、
久しぶりに電車に乗った。

およそ二年ぶりの乗車に
乗客の姿が新鮮に映る。

携帯でメールする若者、
眠そうにうつむいている学生…

そして、
わしの前にはサラリーマンが二人。
上司らしき人が若者に人生訓を言って聞かせている。

「9時からお気の毒に」と同情しつつ、
聞くともなしに聞こえてくる会話を耳にしながら、
ふっと、わしの左手に巻かれた紅白の糸が目に止った。

これは、サッカー好きのムスメが巻いてくれたミサンガである。

あるの夜こと…
居間で新聞を読んでいると、
「母さん、ちょっと手を出して」とムスメが言った。

いつもは反発ばかりしているムスメの言うこと、
また、何かのおねだりに違いないと、
恐る恐るわしは手を出した。

すると、ムスメは
紅白の糸で編んだものを
わしの手に結びつけた。

「なあに?これ」と聞くと、
「絶対にほどいたり、切ったりしたらダメよ!
 願いが叶わなくなるから」とムスメは言う。

聞くと、これはミサンガ(プロミスリング)と言って、
お守りのようなもので、いろいろな糸を編んで作る…
これに願いを込めて結びつけ、
自然に切れると願いが叶うというものらしい。

そういえば、
ムスメの手にも足首にも
大小様々なミサンガが結びつけられている。

「母さんの病気が治るように、わしが編んだの。
 色もおめでたいように紅白にしたよ」と得意そうに笑った。

いつもはウザイとか最悪などと
反抗期真っただ中のムスメの、
屈託のない素顔にふれた24時の出来事を想い出していた。

コンテンツは洗車機 モバイルはこちら